メニュー一覧     総合マップサイト・TOP

TOP1%事業者マップ
1億人の正しい選択肢



新築一戸建て


結婚式


住宅リフォーム


不動産


マッサージ
ヘアサロン


美容整形


葬祭


オートバイ


ネイルサロン
中古車


エステ


飲食店


自転車


保証されていない事業者
ミシュランのの付いているお店を選べば間違いがないように、TOP1%事業者マップに掲載されている事業者を選ぶことが、もっとも正しい選択になるよう、厳しい基準をクリアしたお店、企業を掲載しています。

掲載されているのは、全体の1%ほどしかクリアしない厳しい基準をクリアした事業者です。


TOP1%事業者マップへの掲載は、お店や企業からの依頼ではなく、身分証を提示したお客様からの推薦がなければ掲載できません。

様々な情報が溢れている今、信頼できる情報をお届けするために、下記の条件を満たす事業者だけが、お客様にとってもっとも正しい選択肢となります。是非、推薦をお願いいたします。

身分証を提示したお客様からの推薦のある事業者
+
厳しい基準をクリアした事業者





■ジャパンワランティの保証

ジャパンワランティは、下記の1に対する2の保証を行う、公証役場の機能を有した第三者の私的機関です。

1.消費者契約法

消費者契約法の不実告知とは

事業者が「勧誘をするに際し」、「重要事項について事実と異なることを告げ」、消費者が「当該告げられた内容が事実であるとの誤認」することです。

消費者契約法|消費者庁のページ


2.公証役場

公証役場の私署証書の認証は、私署証書の真生を公証人が証明するものです。

公証役場のページ



基準1・身分確認済のお客様から「満足したこと」に関する推薦
品質や技術、サービスは、満足されたお客様からのご意見が最も確実です。

TOP1%事業者マップでは、免許証など、身分証を提示されたお客様からの推薦文をもとに、掲載の審査を行い、厳しい基準をクリアした事業者様のみを掲載しています。

ネット上には、様々な口コミがありますが、そのほとんどが匿名の情報です。

匿名の情報の全てが信憑性に疑問があるわけではありませんが、口コミよりさらに信憑性の高い「推薦文」を、身分証とともにお送りいただくことで、より信頼性の高い情報として、皆様にご案内しております。

身分証とともにお送りいただく「推薦文」は、匿名の口コミの800件分に相当するという調査結果もあり、1件の「推薦文」でも、十分な情報価値があります。


投稿された推薦文は「内容保証の基準」に基づき、公証役場的機能で包括的に保証しています。
クリックで内容保証を確認



基準2・不実告知(嘘)がないこと
不良、欠陥、手抜きばかりの事業者

お客様とのトラブルを多く抱えている事業者

のらりくらりと、自分の非を認めない事業者

口ばかりで約束を守らない事業者

サポート、補償を一切行わない事業者

儲けることしか考えていない事業者


こんな事業者を選んでしまったら、怒りと後悔の毎日を過ごすことになります。

実際に、上記のような事業者を選んだ方のお話しをお伺いしますと、マイホームやリフォーム、ネットサービスだけでなく、中古車などの中古品、アパートやマンションの賃貸、結婚式、留学、ネットショップなど、様々な業種で上記のような事業者はいます。

悩み、苦しみから仕事への影響もあり、体調を崩す方もいらっしゃいます。

余計な費用がかかったり、人間不信になる場合もあるようです。

上記の事業者の行っていることは、法令違反だけでなく、生活を崩壊させるほどの悪行なのです。



では何故、こんな事業者を選んでしまうのでしょう。

それは、事業者の不実告知、つまりが原因です。

は計画的なものなので、それを見抜くのは簡単ではありません。

例えば、技術的に未熟なのに高度な技術があるようなに騙されてしまう。

例えば、サポート体制など整っていないのにサポートが充実しているかのようなに騙されてしまう。

これは他人ごとではありません。

当協会が確認しているだけでも、下記の不実告知()があります。

・施工事例に関する不実告知
・施工写真に関する不実告知
・データに関する不実告知
・間取りに関する不実告知
・設備に関する不実告知
・保証に関する不実告知
・値引きに関する不実告知
・先着限定価格に関する不実告知
・限定数量に関する不実告知
・キャンペーンに関する不実告知
・商談会に関する不実告知
・技術に関する不実告知
・材質に関する不実告知
・お客様の声に関する不実告知
・返金に関する不実告知
・サポートに関する不実告知
・品質に関する不実告知
・産地に関する不実告知
・実績に関する不実告知
・成分に関する不実告知
・効果、効能に関する不実告知
・実感、体感に関する不実告知
・リピーターに関する不実告知
・特典に関する不実告知
・製法に関する不実告知
・工法に関する不実告知
・理念、使命に関する不実告知
・事業者情報に関する不実告知
・取締役に関する不実告知
・労働環境に関する不実告知
・スタッフ、従業員に関する不実告知
・賃金、単価に関する不実告知
・福利厚生に関する不実告知
・会員特典に関する不実告知
・免許、資格に関する不実告知
・リスクに関する不実告知
・利点、利益に関する不実告知
・仕様に関する不実告知
・商品、サービスに関する不実告知
・オプションに関する不実告知
・セット料金に関する不実告知
・プレゼントに関する不実告知
・クーポンに関する不実告知
・メルマガに関する不実告知
・サンプルに関する不実告知
・資料請求に関する不実告知
・無料に関する不実告知
・コンセプトに関する不実告知
・条件に関する不実告知
・支払方法に関する不実告知
・耐久に関する不実告知
・経験に関する不実告知
・相談会に関する不実告知
・展示会に関する不実告知
・指導方法に関する不実告知
・利用方法に関する内容
・通常料金に関する不実告知
・提案に関する不実告知
・定期コースに関する不実告知
・請負に関する不実告知
・流通に関する不実告知
・イベントに関する内容
・目的に関する不実告知


■TOP1%事業者マップに掲載された事業者は、「内容保証の基準」に基づき、公証役場的機能で包括的に保証しています。
クリックで内容保証を確認



不実告知(嘘)が2回以上報告されているお店、企業





不実告知のご報告は下記よりお送りください
     
詳細はこちら
     



基準3・安定した経営
資金繰りに窮すると、飲食店の味さえ落ちると言われています。

これは、コストを下げるために食材のランクを下げたことだけでなく、仕事への熱意やモチベーションなど、精神的影響も原因になります。

さらに、儲けを増やす為に、高値に設定することや、様々なサービスや部品を省略することもあります。

お客様が満足のいく商品やサービス、サポートを受けるためには、お店や企業の経営状態が安定、もしくは上昇していることが非常に重要になります。

当サイトでは、独自の企業調査と、たくさんの方からお寄せいただく「支払い遅れの情報」で、お店や企業の経営状態を分析し、TOP1%事業者マップへの掲載を審査しています。

支払い遅れの情報は下記よりお送りください
     
詳細はこちら
     





基準4・クレーム・推薦不適合
クレーム、推薦不適合の投稿が送られていないことが、TOP1%事業者マップに掲載する基準です。


クレーム等の投稿は下記よりお送りください
     
詳細はこちら
     



基準5・被害者がいないこと
被害者がいないことが、TOP1%事業者マップに掲載する基準です。


被害にあわれた方は下記よりお知らせください
     
詳細はこちら
     


事業者の選択、ご利用にあたっては、こちらの規約に承諾の上、お決めください。







掲載済み事業者の方はこちら ご投稿はこちら
     
詳細はこちら
     
     
詳細はこちら
     



     
▲ページTOP
     



メニュー一覧     総合マップサイト・TOP


事業者チェック     紹介依頼     真正回答メール     報告する


プライバシー     ご利用規約     特定商取引法表示     お問い合せ     消費者向けサービス



2008-2020 All Rights Reserved ジャパンワランティ