メニュー一覧     警告通知サービス一覧     値引きジャパン・TOP

このサービスはジャパンワランティが提供しています


住んでみないとわからない
住み心地 家賃の妥当性マップ

新居を決める際に参考にしてください



住み心地


星が0〜2のみの住み心地の悪い物件 星が0〜2と3〜5の住み心地の意見が分かれる物件 星が3〜5のみの住み心地の良い物件


星の評価は、0が最も悪く、5が最も良い、6段階評価です

:アパートやマンションなどの集合住宅 :借家や一戸建て :地域



家賃の妥当性

不満が多く、家賃が高いと感じる物件 不満が少なく、家賃が妥当、または、安いと感じる物件


住居・テナント家賃値下げサービス
コロナの影響で家賃の値下げ依頼は急増、対応率は大幅改善
アパートやマンションなどの居住用物件でも、勤務先の長期に及ぶ休業や解雇、または残業が減るなど家賃の支払いに支障を来す入居者が増えてきています。

住居でもテナントでも、収入減での家賃の負担は重く、多くの方が「収支の見直し」として、家賃の値下げ依頼が急増しています。

その一方で、家賃の値下げに対応(値下げに応じてくれた割合)する割合が大幅に改善しています。


コロナ禍の今が、家賃値下げのチャンスです
     
詳細はこちら
     


住み心地、家賃の妥当性は下記の8点で決まってきます。

1.人的影響・治安

集合住宅でしたら、上下左右の住民の騒音や振動で迷惑を受けることもありますが、集合住宅に関わらず、全ての住居で半径100メートル前後の人の影響を受けます。

下記の事例が報告されています。
夜になると駐車場にヤンキーが集まり、食べたり飲んだりしているので怖い
夕方や休日になると、道路で主婦の井戸端会議が始まり、子供たちの奇声に悩まされている
刺青を出して歩いている人がいるので怖い
家賃が安いせいか、モラルが低くおかしな人が多い
外国人が多く、パーティや歌でうるさい、言葉が通じないのでやっかい


2.周辺環境

集合住宅、戸建てに関わらず、周辺環境で住み心地は変わってきます。

下記の事例が報告されています。
夏になると近くの池から変なにおいがして、洗濯物も臭くなる
休日の渋滞がひどく困っている
近所の倉庫の騒音がうるさい
雨が降ると駐車場だけじゃなく、あっちこっちで水たまりができ困っている
病院が近いので救急車のサイレンがうるさく、目を覚ますことが多い


3.設備・建物

設備や建物の性能や使い勝手などで住み心地は変わってきます。

下記の事例が報告されています。
水圧が低く、風呂がたまるのに時間がかかる
壁が薄く、隣の声や音が聞こえてきて迷惑
風が強くて、換気扇が機能しない
建物の造りがしっかりしていないので、通路を歩く人の振動が伝わる
水回りの設備が古く使いにくい


4.管理会社・町内会

下記の事例が報告されています。
管理会社に迷惑住人の件で連絡しても対応してくれなかった
管理会社に迷惑住人の件で連絡しても、いつも担当者が不在で、連絡もなかった
管理会社に迷惑住人の件で連絡したら、家賃が安いんだから我慢してと言われた
町内会行事への参加を強要される
町内の掃除や集まりが異常に多い


5.物理的瑕疵物件

物理的に重大な欠陥を土地や建物に抱える物件をいい、土地に関する瑕疵には、「土壌汚染」「地中埋設物」「地盤沈下」が存在し、建物に関する瑕疵には、「雨漏り」「ひび割れ」「シロアリ」 「床下浸水」 「アスベスト」などがあります。

床に転がるビー玉でおなじみの地盤沈下も物理的瑕疵物件です。


6.法的瑕疵物件

消防で定める、火災報知器、誘導灯・誘導標識、スプリンクラー、ガス漏警報器、避難ハシゴ、排煙設備などが整備されていない、または、定期点検が行われていないなどが、法的瑕疵物件です。


7.環境的瑕疵物件

土地や建物といった物件そのものに問題はないものの、取り巻く環境に問題がある物件を環境的瑕疵物件という。五感に悪影響を及ぼすもの、近隣に嫌悪施設があるケースや、隣人トラブルがある場合などがあります。

五感に影響を及ぼすものとしては、時に殺人事件に発展するほど古く根深い問題である「騒音」、電車や自動車・トラック、工事現場などの「振動」、工場の悪臭に加えてペットの糞尿や飲食店の臭い、ごみなどの生活臭気といった「悪臭」、近隣に高層マンションなどが建てられて日当たりが阻害される「日照」、富士山が見える、海が見える、夏には花火が見えるというように景観を明確なウリとして物件販売がなされたにもかかわらず、それが阻害される「眺望」問題などがあります。

嫌悪施設は、物件の近くに墓地や葬儀場、ゴミ処理場や産業廃棄物処理場が建設されるといった問題で、隣人トラブルの代表は、迷惑住民と暴力団事務所です。


8.心理的瑕疵物件

その場所で過去に起きた出来事にまつわり、通常一般人が嫌悪感を持つ物件をいいます。

この心理的瑕疵を有する物件が、一般的に、「事故物件」や「いわく付き物件」と呼ばれるものです。

具体的には、その物件内において「事故死」や「自殺」「他殺」「孤独死」といった忌まわしさを感じる死に方をした者がいるケースや、「倒産」「暴力団事務所の跡地」 などの悪い事象の連鎖が懸念されるケース、「神聖スポット・井戸跡」のように縁起の悪さを感じさせられるケース、「風俗店の跡」のように生理的嫌悪が否めないケースなどがあります。



情報をお寄せください

     
住み心地の投稿
     
     
家賃の損得の投稿
     

お問い合わせはお気軽にどうぞ
     
お問い合わせ
     



     
▲ページTOP
     



メニュー一覧     警告通知サービス一覧     値引きジャパン・TOP



事業者チェック     紹介依頼     真正回答メール     報告する


プライバシー     ご利用規約     特定商取引法表示     お問い合せ     消費者向けサービス



2008-2021 All Rights Reserved ジャパンワランティ